トリキュラーは妊娠中と同じ状態にする効果がある

2019年09月18日
カプセルと瓶と葉

トリキュラーは低用量ピルの1つで錠剤タイプの避妊薬です。
トリキュラーを毎日1錠ずつ飲むことでほぼ確実に避妊できるといわれています。
避妊確率が確実といわれている理由について述べていきます。
妊娠する為には卵巣からでる女性ホルモンが大切な働きをしています。

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。
2種類の女性ホルモンは脳の指示によってそれぞれ卵子を排出したり、子宮内膜の細胞を厚くして受精卵が着床する為の準備をする働きをしています。
この2つの女性ホルモンと非常によく似たものがトリキュラーには含まれています。

トリキュラーを飲むと女性ホルモン量が増えているので、分泌する必要がないと判断してしまいます。
女性ホルモンを分泌する卵巣を休ませてしまうので、排卵が行われなくなり、子宮内膜を薄くして着床の準備を止めてしまいます。
つまり、体は妊娠中と同じ状態となっているのです。
これが避妊の確率がほぼ確実といわれている理由です。

トリキュラーは避妊だけでなく、ニキビや肌荒れにも効果があります。
ホルモンのバランスが乱れて出来たニキビや肌荒れを体の外部から補うことで症状を改善していきます。
出血過多や生理痛を軽くする効果や生理周期の乱れを正常にする効果などもあります。
長期間使用する事で子宮の病気や更年期障害、骨粗しょう症を予防することができるので、この効果を期待して薬を飲む女性も増えています。

近年ではこのようなメリットを求めてトリキュラーを使う女性が増えています。
また、トリキュラーは病院で処方されるお薬ですから、妊娠中であることを伝えて医師に相談することをお勧めします。
トリキュラーを妊娠中に飲んでもお腹の赤ちゃんに悪影響が出ることはないといわれています。
妊娠中に服用することは控えた方が良いでしょう。